FC2ブログ

記事一覧

【2018冬アニメ感想】その12(B: The Beginning、博多豚骨ラーメンズ、伊藤潤二コレクション)

アッパァー
どうも、へちょむです。

という訳で、ネタバレ最小限!へちょむの勝手気ままな感想冬アニメその12始まります!

今回紹介する作品は『B:The Beginning』『博多豚骨ラーメンズ』『伊藤潤二『コレクション』』の3作品です。

なお、へちょむの勝手気ままなおすすめ度(★)の基準は以下の通りです↓
(★★★★★)←見なきゃ損
(★★★★☆)←見た方がいい
(★★★☆☆)←興味があるなら見て損はないはず
(★★☆☆☆)←刺さる人には刺さる
(★☆☆☆☆)←余裕がある人は見ればいい


B: The Beginning(★★★★☆)

法を逃れた悪人のみを狙う処刑人とそれを追う警官たち
現在の事件と過去の因縁が重なるとき、物語が動き出す


【原作情報】
 アニメオリジナル作品
 原作:中澤一登×Production I.G
 監督:中澤一登、山川吉樹
 制作:Production I.G
 製作:Production I.G


【あらすじ】
 とある小国。
 そこでは、法を逃れた悪人の実を狙う連続殺人犯「Killer B」が暗躍していた。そして、彼の犯行現場には必ず「B」の文字が刻まれていた。
 そんな彼を追うのは新米の女性捜査官である星名リリィ(ほしな りりぃ)達が所属する警察組織・王立警察特所犯罪捜査課(通称:RIS)の面々。
 彼らがKiller Bに翻弄される中、ある事件をきっかけにどこかに行っていた天才、キース・風間・フリック(きーす かざま ふりっく)がRISに復帰して…。

 Killer Bが残していく「B」の文字は何なのか?その目的は?
 過去と今が繋がる時、すべての謎が明らかになる!


【感想等】
 この作品、あらすじにも書いた通り、基本的には警察組織であるRISが凶悪犯罪者Killer Bを捕まえようと奮闘する物語である。
 しかし、ただのRISとKiller Bの対立構造という訳ではなく、何人もの登場人物達の思惑が複雑に絡み合ったストーリー展開となっていた。しかも、謎が謎を呼ぶもんだから、全く退屈することなく楽しめる作品だった。それに、全ての出来事が…あぁ、これは言ったらネタバレになるのか…。
 とにかく、よくストーリーが練られている良作となっていた。
 
 また、主人公の星名リリィがおてんばでやんちゃで向こう見ずな所はあるのだけれど、とても可愛いキャラとなっており、そんなリリィに振り回されるRISの仲間達の様子もなかなか面白いものとなっていた。

 ちなみにこの作品、NETFLIXでしか見られない作品となっているのだが、それが本当に勿体ないほどの出来。2期もあるらしいので、その時期に合わせて初回の1ヶ月無料期間を利用するのもいいかも!





博多豚骨ラーメンズ(★★★★★)

人口の3%が裏稼業!?
犯罪者ばかりの街で紡がれる奇妙な絆の物語


【原作情報】
 著者:木崎ちあき
 イラスト:一色箱
 レーベル:メディアワークス文庫(KADOKAWA)


【あらすじ】
 博多。人口の3%が裏稼業に従事していると言われる犯罪都市。そこには、殺し屋が多いだけではなく、殺し屋専門の殺し屋・殺し屋殺し屋までいるという噂が流れる程であった。

 そんな博多で探偵業を営む青年・馬場善治(ばば ぜんじ)。豚骨ラーメンと明太子と野球が大好きなザ・博多民な彼は、職業柄、殺し屋が絡む事件にかかわることが多かった。
 そして、ある日、そんな彼のもとに、一人の殺し屋が送り込まれる。彼の名前は林憲明(りん しぇんみん)。常に女装した状態で殺しを行う彼であったが、なんだかんだで馬場を守るために馬場の探偵事務所に居候することになる。

 こうして、色んな殺し屋達の思惑に翻弄されながらも、成長していく彼らの物語が始まったのであった…。


【感想等】
 人口の3%が同業者と言うだけあって、登場人物はほとんど全員裏稼業に足を突っ込んでいる奴等ばかり。そのため、色んな殺人者達の思惑が複雑に絡み合いながら発生する事件も多いため、通り一辺倒ではなく、面白い展開も多かった。

 特にこの作品に登場する殺し屋達は全員が悪意だけを持っているような残忍な人間という訳ではなく、それぞれにちゃんとした背景があり、人間性も温かい人が多いため、やっていることの残忍さとキャラ達の温かさのギャップもまたなんとも言えないものがあった。
 そして、これらの人物と関わっていくことで、人を殺すことがすべてだった林ちゃんも成長していくため、そんな林ちゃんの変化もこの作品の魅力の一つである。

 なお、この林ちゃん。性別は男であるし、声も男(CV:梶裕貴)ではあるのだが、その外見と性格や行動がなんとも可愛いい。勿論、私はホモ好きでもホモでもないが、林ちゃんの可愛さに目を離せなくなり、そんな林ちゃんと馬場善治とのやり取りも中々楽しむことが出来た。

 そんな不思議な作品。皆さんも是非、林ちゃんの可愛さを堪能してください(笑)

注意:上記の文章はあくまでこの作品の感想であり、人殺しを肯定するものではありません。
また、この作品に描かれる博多は、あくまでこの作品の設定上のものであり、実際の博多はこんなに危険な場所ではありません。…多分。





伊藤潤二『コレクション』(★★★☆☆)

ホラーテイストのSFショートショート


【原作情報】
 作者:伊藤潤二


【あらすじ】
 日本のホラー漫画化・伊藤潤二(いとう じゅんじ)が世に輩出した数々の作品の中から、いくつかの作品をピックアップしたオムニバス形式のアニメ。


【感想等】
 この作品は、ホラー作品集ではあるが、怖いというよりは不気味と言った方がしっくりくる作品が多かった。
 というのも、ホラーっぽい雰囲気やキャラは出てくるが、それよりもSF風の設定が活かされた作品となっているため、ホラーテイストのSF作品と言うべき作品が多いからである。

 そのため、ただただ怖いだけのホラーが苦手な人達でも見れるのではないだろうか。もちろん保証はしないが…

 なお、このSF的な作風は星新一に代表されるような一昔前のSFショートショートに似た作風となっており、星新一さんの作品が大好きな私はかなり楽しめる作品となっていた。

 そんな、よくあるホラーとは違う、一風変わったホラー作品集。

 ただし、1話に収録されていた『双一』シリーズは私の嗜好には合わなかった。しかし、それ以外のシリーズは結構面白い作品も多かったため、1話切りなど絶対にせず、3話くらいまでとりあえず見ることをお勧めします。





という訳で、以上、へちょむの勝手気ままな感想冬アニメその12でした。
ワールドカップよりもアニメ!と思ってたけど、周りにつられて日本の試合は見てしまった(笑)

今回紹介した『博多豚骨ラーメンズ』『伊藤潤二『コレクション』』等が定額で見放題な「U-NEXT」への登録はこちらから↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうも、へちょむです。
無題

アニメの感想というか紹介や、その他アニメに関する事をネットの意見には左右されないように勝手気ままに書き連ねています。
ここに書いてあることは全て私個人の見解です。
ネタバレ有りの各話感想はtwitter(@hechom_anime )にて呟いてます!

ブログ主への連絡はコメントやtwitterかこちらまで↓
hechomom@gmail.com

参加ランキング

他の方のアニメ感想などはこちらからどうぞ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村 アニメブログへ

twitter

ツイッターで感想呟いたりもしてます フォローよろしくお願いします

最新コメント